台湾フェスティバルTOKYO2018

暑い、暑すぎる…

ぼくは今、上野公園の噴水前広場にある、テーブルに座って、
炎天下のなか、台湾麺線という超おいしい麺を食べています。
麺線とは、ソーメンを蒸した細い麺を温かいとろみがあるダシが効いたスープで煮込んだものです。
台湾麺線より

なぜ炎天下の中、熱くて辛くて超うまい台湾麺線なるものを食べているのかというと・・・
毎年6月に開かれている、上野公園の台湾フェスティバル™TOKYO2018 | 台湾食文化で日台交流に来ているからなんです。

日本と台湾の交流を目的とした、フェスティバルで、台湾の伝統音楽やら、文化が楽しめます。
そして、食事!台湾の美味しい食べ物の屋台がたくさん出ているすばらしいお祭りです。

冒頭で触れた
毎年必ず食べているが、台湾麺線。
台湾の細い麺を使った、暖かい素麺のような食べ物。
実はこの台湾麺線のお店は、知り合いが出店しています。
お店自体は新橋にあるのですが、なかなか行く機会が作れないので、
毎年必ず台湾フェスがあるときは訪れて台湾麺線を頂いています。

今年もそんな台湾フェスがやってきたので、毎年恒例の行事として台湾麺線を食べに行ってきました。
今年は6/21,22,23,24の四日間の開催。
前半は天気に恵まれず、
最終日の日曜日にやっと天気が回復。
最終日x天気良しという好条件がそろったので
とにかく大賑わいでした、会場はものすごい人。
僕も台湾麺線を買うのに20分ほど並びました。(汗)
本来なら絶対並んで買わないんですが、やはり毎年食べているし、知り合いが出店しているお店。
少しでも売り上げに貢献できればと言う思いもありますが、
何よりおいしいから絶対に食べたい!
そんな思いで、しっかり並んで食べてきました。
もし今後台湾フェスに行く機会があればぜひ台湾麺線を試してみてください。
とても美味しいですよ!
今日(2018/06/24)も夜7時位までやってるみたいですよ。

関連記事

  1. 歯科検診に行ってきました。。。

  2. 牛乳派?コーヒー牛乳派?

  3. 本日(12/22)ゆず湯です。

  4. 30度超えの日中、屋外のテラス席に座る理由

  5. 今更ですか?

  6. きゅうり銭湯終わります。