日の出湯がコーヒー牛乳を始めた理由その3

前回からのつづき

お店でコーヒー牛乳を出す子には営業許可をとることをしったわけですが
なかなかハードルが高い。

工事をしてから、営業許可を取るとなると、
要件を満たしてなかった時にとても困る。

そういうわけで、何回も保健所に足を運びました。
そして何度も相談しながら、
要件を満たし、いざ工事へ・・・!

となったのですが、

まず問題その1

工事が1週間で終わらなかった(笑)

年度末の忙しい時期に工事をスタートさせてしまったので
職人さんが全然集まらない。
流石に休業を伸ばすわけには行かないので、
もう、工事しながら営業してしまえ!
と、ギリギリまで工事をしながら
営業を再開することになりました。

まずは、床。床だけは壊れていては困るので
そこだけは直してもらいました。

そして耐震用の補強。

これもやっておかないと、
何のために休んだの!?
となるので、これも優先しました。

そして、ギリギリまで工事を進めて
あとは休業日に工事!

ということでお店を空けたのでした。

壁紙ボロボロ。(剥がしっぱなし)の状態で(笑)

入ってきたお客さま、びっくりしてましたね、

「あれ?!前よりボロくなってない!?」

て(笑)

そりゃそうですよね、
壁紙ボロボロなんですから・・・。

とはいえ、床がキレイにもなり
飲食店営業許可用のシンクや
コールドテーブル、吊り戸棚などでき
お店の雰囲気もだいぶ変わってきました。

個人的にはカフェ風に!

とか思ってたんですけど
来る人来る人に、

あれ?スナックにしたの?

なんて言われて、地味にショックをうけてました・・・。

つづく

関連記事

  1. 2018年もどうぞよろしくお願い致します!!

  2. 30度超えの日中、屋外のテラス席に座る理由

  3. 日の出湯がコーヒー牛乳を始めた理由その2

  4. 日の出湯が替わり湯をしない理由

  5. 最近増えてません?

  6. ○○拒否の店